二日酔いで迎えた朝は、何にも食べたくないという方も多いかもしれません。
しかし、何か口にしないとアルコールの分解が遅れてしまいます。一刻も早く二日酔いの苦しみから解放されたいものです。

そこで、今回は二日酔いの朝に食べると良いものをご紹介します。

二日酔いの朝ごはんにおすすめなのは?

Nausea

二日酔いの時に何となく良さそうなイメージがあるのは、和食ではないでしょうか?特に、お味噌汁・梅干しなどは二日酔いでも食べやすいですよね。
実はこれは理にかなっています。

お味噌に含まれるコリンという成分には、「抗脂肪肝作用」があり、肝臓の脂質代謝を高めます。
また、梅干しに含まれるピクリン酸はアルコールの分解を助けます。さらに、肝臓を丈夫にする作用もあるのです。

このように、「肝臓を助ける食材」を食べることで、二日酔いが解消されやすくなります。
また、二日酔いが起きてしまうのは肝臓の問題だけではありません。

二日酔いとは

飲み過ぎた翌朝の頭痛、胸焼けなどの不快な症状を指します。これはアルコールを大量に摂取したため肝細胞で有害物質アセトアルデヒドが十分に処理されないことと、お酒による胃・腸の障害や脱水などの複合的な要因によっておこる症状です。

出展:KIRIN

したがって、二日酔いの朝は、肝臓・胃・腸に良い食材を使ったご飯を食べると良いでしょう。
おすすめの献立をご紹介します。

二日酔いの朝におすすめの献立

1.しじみの味噌汁

しじみには肝機能の改善に効果がある成分が多く含まれています。

  • オルニチン 肝臓の解毒作用を助けます。
  • タウリン 胆汁酸の分泌を盛んにして肝臓の働きを助けます。
  • アラニン アルコールを分解して肝臓の働きを助けます。

2.卵焼き・目玉焼き

卵には二日酔いの原因物質アセトアルデヒドを無毒化し、体外へ排出させる働きを持つシステインが豊富に含まれます。

3.大根おろし

大根には、ジアスターゼカタラーゼオキシターゼなどの消化酵素が含まれています。これらが胃腸の働きを整え、吐き気を抑えます。
また、辛み成分のイソチオシアネートには解毒作用があります。

4.トマトスライス

トマトを食べると、アセトアルデヒドを分解する酵素が活性化します。

加齢でお酒に弱くなる?

alcohol03

若い頃は、二日酔いなんてなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
もしかすると、あなたの肝臓は弱っているかもしれません。
これには加齢が深く関与しています。

加齢で酒に弱くなる理由

1.加齢とともに、体に占める水分の割合は倍増します。アルコールは、脂肪には溶けにくいため、血中のアルコール濃度が上がってしまいます。

2.加齢とともに、胃の粘膜が老化し、アルコールを分解する酵素が失われます。

参考:久里浜医療センター

接待や付き合いなどで、どうしてもお酒が増えてしまうのであれば、常日頃から肝臓をいたわってあげましょう。

肝臓に良い成分で二日酔い予防!

毎日の食事で以下の成分を取ると、肝臓を強くし二日酔いを予防する事ができます。

肝臓に良い成分と含有食材

  • オルニチン(しじみ・えのき)
  • タウリン(魚介類、特にサザエ・タコ・イカ)
  • アラニン(豚肉・カツオ・海苔・大豆)
  • 亜鉛(牡蠣・豚肉・牛肉)
  • メチオニン(かつお節・しらす干し・海苔)
  • セサミン(ゴマ・ごま油)
  • ナイアシン(たらこ・マグロ・カツオ)
  • コリン(豚レバー・卵・味噌)
  • ピクリン酸(梅・梅干し)

例えば、梅干しを毎日1つ食べるだけでも効果はあるでしょう。また、お味噌汁を作る際に、かつお節や牡蠣などで、出汁をとるのも良いですね。

しかし、せっかくなら毎日の献立にもう1品加えたいものです。上記の食材を組み合わせて、肝臓をいたわってあげましょう。