Nausea

「朝起きた時に胸がムカムカして気持ち悪い」というようなことはないでしょうか。

寝起きの「胸焼け」や「吐き気」は病気の可能性があります。

なぜ胸焼けや吐き気が起こるのか、その原因を探り、早めに対処しましょう。

胸焼けの原因は

強い胃酸が逆流して食道に炎症が起こると、胸が焼けるような感覚や痛みを感じます。これが「胸焼け」です。

胃酸はpH2という強い酸性ですが、胃には酸から守るための粘膜があり、胃酸によって胃壁が傷つけられることはありません。

しかし、本来私たちの身体は胃酸が逆流してくるような構造になっていないため、食道には胃のような粘膜がなく、胃酸によって炎症を起こしてしまうのです。

こうした胸焼けの原因には、以下のことが考えられます。

逆流性食道炎

朝目覚めた時に胸焼けする原因として多いのは、「逆流性食道炎」です。

通常、起きている姿勢では、重力があるので胃の内容物が逆流することはほとんどありません。
しかし、寝ている姿勢では、重力が作用しなくなるので胃からの逆流が起きやすくなります。

朝の胸焼けだけでなく、お腹が張る、食後に胃がもたれたり重苦しいなどの症状がある場合は、逆流性食道炎の可能性がありますから、医師の診断を受けましょう。

過敏性腸症候群

「過敏性腸症候群」では、主な症状が下痢や便秘で、それに付随する形で吐き気があります。

ストレスを感じると、下痢や便秘を引き起こすのが過敏性腸症候群の特徴。
吐き気だけでなく慢性的な下痢・便秘がある場合には、過敏性腸症候群かもしれませんから、病院に行きましょう。

食べ過ぎやストレス

「食べ過ぎ」や「ストレス」などによっても胸焼けが起こります。

食べ過ぎによる胸焼け

食べ過ぎると、胃液と混ざった食べ物が胃液と一緒に食道に逆流してきて、胸焼けが起こることがあります。
みぞおちやノドが焼けるように痛くなったり、ノドに違和感が生じることもあります。

食後に胸焼けが起こる場合は、消化の力が弱かったり、胃の機能異常かもしれません。通常、食事したことによって分泌される胃酸が、分泌され過ぎる(胃酸過多)場合も胸焼けが起こります。

食事

ストレスによる胸焼け

空腹時に胸焼けが起こる場合は、ストレスによる胃酸過多が原因でしょう。

他にも、睡眠不足、夕食や夜食、アルコールによって、食べた物がうまく消化できずに逆流してしまい、胸焼けすることもあります。

胸焼けの改善法は

いつまでも胸焼けが続く場合や他の症状も見られる場合は、重大な病気が潜んでいる可能性がありますから、専門医による診断を受けましょう。

一時的な軽い胸焼けなら、生活を改善することで症状が現れなくなることがあります。
なるべくストレスを溜めず、消化に良い食べ物を適量食べ、アルコールを控えるようにしましょう。

寝る時に、胃の内容物の逆流を防ぐために上半身を高くするというのも効果的です。