休日に寝過ぎてしまい、目が覚めてから体調が悪くなってしまい、後悔したことはありませんか?

寝すぎて気持ちが悪くなったり、吐き気がする原因はいくつか考えられます。人によっても異なるため、はっきりとしたことは分かっていませんが、自律神経が関係しているケースは多いようです。

気持ち悪い

寝すぎの「気持ち悪い」は自律神経のせい?

寝すぎの気持ち悪さについて説明する前に、自律神経のバランスが崩れてしまう、自律神経失調症について簡単に説明をします。

自律神経失調症とは、交感神経副交感神経の2つから成り立つ、自律神経系のバランスが崩れた時に起こる症状のことです。
この時の症状として、体の器官には異常は見られないのに、眩暈、吐き気、倦怠感、不眠症、過眠症などの症状があります。

つまり、内科の病院などでいくら検査をしても、異常は見つからないのです。それなのに、症状は確かにある、、これが自律神経失調症の特徴的な症状とも言えます。
もちろん、血液検査やレントゲンでは異常は見られません。

自律神経とは

自律神経とは、血管やリンパ腺、内臓など自分の意思とは無関係に働く組織にある神経系です。呼吸や代謝、消化など生命活動の維持やその調節を行い、絶えず活動している神経です。

交感神経の働き

交感神経は、体を興奮状態にする作用があり、体を活発に動かす為に働いています。また、胃・腸・肝臓・腎臓・生殖器等の活動を抑えるのも、交感神経の働きによるものです。
交感神経が活発な状態が異常に続いてしまうと、副交感神経の消化器系器官が活発に働くことが出来ず、消化不良や胸やけの原因となってしまいます。

副交感神経の働き

副交感神経は、眠気を感じているときに優位になっており、胃や腸等の消化器官の働きを活発にさせ、食べた物を消化したり吸収して体内を修復する役割があります。
緊張した体を休めて疲れを解消したり、修復したりします。
しかしこの副交感神経が必要以上に働き続けると、その間、心拍は減少し、血圧は低下したままで、胃腸や消化管は活動を促進したままの状態になり、それが吐き気を催す原因となります。

つまり、本来は夜と日中で働きが正反対の働きをし、そのおかげで正常な状態を保っているにも関わらず、その働きが逆になるわけです。
ストレスや環境の変化等、様々な刺激によって自律神経のバランスは崩れやすく、これを放っておくと、自律神経失調症やうつ病などを発症してしまうというわけです。

理想的な生活とは

ベッド

寝過ぎてしまった時、自律神経系のバランスは崩れ、上記のような消化器系の不具合(吐き気や気持ち悪さ)。それ以外にも、頭痛やめまいなど、様々な症状を引き起こしてしまうのは、いわば当然のこととも言えるのです。
自律神経の乱れによる体調の悪さを改善するには、根本的には規則正しい生活に改善する必要があります。

たとえ起きるのがつらくても、朝は早起きして、太陽の光を浴びると改善が促進されます。また、眠る前には交感神経を刺激させるテレビやパソコンの画面を見ないようにするというのも一つの方法です。
寝る前にホットミルクを飲んだり、首回りを冷やしてクールダウンしたり、副交感神経優位の状態を常につくれるようにするのも良いでしょう。
規則正しく、眠り過ぎない適切な生活は、体の面でも心の面でも良い影響を与えます。