腰が痛い時、湿布を貼るという方は多いのではないでしょうか?
また、病院でも腰の痛みを訴えると、湿布が処方されることがあります。

「ただ貼るだけで、痛みを緩和してくれる便利なもの」このようなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、湿布を効果的に使うにはいくつかの注意点があります。

腰痛には湿布が効果的?

0dbb73357f47b70a93ed170320528205_s

まず、大前提として湿布は痛み止め(鎮痛剤)のようなものであって、腰痛を治すものではありません。

例えば、サロンパスの有効成分はサリチル酸メチルです。サリチル酸メチルには炎症を鎮める効果と血行を改善し、痛みを緩和する効果が見られます。
この2つの効果によって、痛みが緩和するのです。

患部がなぜ、炎症しているのか?なぜ、痛みが発生しているのか?この問題を解決しなければ、「その時の痛み」は取れても、再び痛みが発生する恐れがあるでしょう。

かといって、つらい腰痛を放置する事はできません。湿布は急な痛みが発生した時や病院に行けない時などは重宝します。
しかし、使い方を誤ると効果が出にくい場合もあります。

湿布の正しい使い方とは

湿布は、冷やすタイプと温めるタイプが販売されています。好みだけで使用している方もいらっしゃるでしょう。
しかし、それぞれに適した用途があります。

冷やすタイプ

主に患部に炎症があり、熱と痛みがある場合の使用が適しています。
ぎっくり腰や打撲がこれに当てはまります。

温めるタイプ

主に慢性的な痛みに適しています。
慢性的な腰痛や神経痛がこれに当てはまります。

特に、ぎっくり腰の時に温めるのはやめましょう。
温めることで、血流が良くなり
プロスタグランジンと呼ばれる物質が増加します。プロスタグランジンは炎症を起こす物質ですので、痛みが増す恐れがあります。

ご自分の痛みに適した湿布を利用しましょう。

かぶれにも注意

また、湿布を利用する際はかぶれに注意が必要です。

かぶれは正式には、接触性皮膚炎と呼ばれます。肌が弱い方や体調が優れない時に現れやすいでしょう。

特に、腰に傷や湿疹、かぶれがある場合は貼らないようにしましょう。サロンパスのような比較的効力の弱めの湿布でもかぶれやかゆみが起こる事があります。

湿布によっては、貼り付けると配合された成分が皮膚から血液に取り込まれ、全身に回る場合があります。この場合、副作用として嘔吐・悪心、頭痛、頻脈が起こり得るのです。

確かに湿布はただ貼るだけで、痛みを緩和してくれる便利なものですが、薬として認識しておかないと恐ろしい副作用が起こる場合もあります。

湿布の副作用について

5f478957742641fc6c17b1d7f6147c38_s

効力の強い湿布の場合、重篤な副作用へと発展してしまう恐れがあるので注意が必要です。

例えば、様々な湿布に使われているインドメタシンという成分は、炎症を引き起こすプロスタグランジンの合成を阻害する効果を持っています。

しかし、プロスタグランジンには腸壁や胃壁を消化液(腸液や胃液)から保護する粘液の分泌を促す作用も持ち合わせているのです。
したがって、湿布を貼りすぎると胃潰瘍になりやすくなってしまうでしょう。

また、病院で処方されることの多いモーラステープで、ごく稀に光接触皮膚炎が発生します。

200907image509

画像:旭川皮フ形成外科クリニック

光接触皮膚炎とは

特定の化学物質と太陽の紫外線が原因で、皮膚に現れるアレルギー反応のことである。

出展:ナースpedia

治らない病気ではありませんが、アレルギーの一種ですので発症すると厄介です。

特に何らかのアレルギーをお持ちの方や皮膚が弱い方は、使用前に医師に相談してください。
腰に湿布を使用する場合は起きにくいと思われますが、用法・用量をしっかりと守りましょう。

湿布を賢く使いましょう!

上記したように、湿布の乱用は控えた方が賢明でしょう。

ぎっくり腰を起こした際は、タオルを巻いた氷で冷やす事が有効です。お風呂は温めのお湯かシャワーで済ませましょう。熱いお湯だと痛みが増す恐れがあります。

また、慢性的な腰痛の場合は、ホッカイロや温めたタオルを患部に当てておくのが有効です。また、お風呂に長くつかるだけでも効果があるでしょう。

これらの方法を用いながら、湿布を使えばより効果的です。
湿布は正しく・賢く使いましょう。